島村楽器 市川コルトンプラザ店 シマブロ

島村楽器 市川コルトンプラザ店スタッフによるイベント情報やお知らせなどを発信するブログ(シマブロ)です。

ギターアドバイザー加藤の「エフェクター大好き!!」~Vol.3~

ご挨拶

皆様、こんにちは。市川コルトンプラザ店ギターアドバイザーの加藤です。新年度が始まりました。新しい学校、新しい職場など新しい事づくめで忙しい方が多いと思います。今回は新しい機材が欲しい、軽音部で後輩が入ってくるからいい音出して目立ちたい、そんな方にピッタリのエフェクターをご紹介します。

~Vol.3~ Leqtique 9/9、9/9S

今回のエフェクターはTS系に分類される9/9です。このモデルの特徴は、TS9をもっとブーストさせてディストーションまで歪ませることができる事です。ひずみの幅が広く、ハイゲインで使うこともクランチで使うことも出来ます。クリーンブースター的な使い方は難しいですが、コンプ感が強めに出ますので、ライブで音の粒をそろえたい方におすすめです。最初の1台にも最適です。
f:id:shima_c_colton:20180417153552j:plain
左が通常カラー、右が島村楽器オリジナルカラーとなります。お値段も島村オリジナルの方がお買い得なんです。
f:id:shima_c_colton:20180417153600j:plainf:id:shima_c_colton:20180417153604j:plainf:id:shima_c_colton:20180417153610j:plain

ギターアドバイザー加藤による試奏レビュー

大きいノブがBASSのコントロール、小さいノブがTREBLEのコントロールになります。TREBLEを強調させるとTS9の歪み方、BASSを強調するとTS9にベースブースターをかけたような太い歪み方をします。ゲインの反応が早いので、何かと組み合わせるよりは単体での使用がおすすめです。
試奏動画
使用ギター Suhr JST J Series M5(リアピックアップのみ使用)
使用アンプ Roland JC-120 (トレブル3、ミドル6、ベース7)

オススメセッティング

加藤が実際に使ってのオススメセッティングです。

ギターアドバイザー加藤によるエフェクター豆知識

エフェクターの分類でTS系ってなに?

よく聞くけど、ふんわりしていてわからない言葉でTS系ってありますよね?今更聞けないし、という事で解説します。TS9の回路を構成しているパーツのみ変更、もしくは意図的にサウンドを似せて出るようにパーツ選定されたものをTS系と言います。TS9だけでなく有名なエフェクターでいうとケンタウロス系があり、アンプからはマーシャルを意識したプレキシ系、フェンダーを意識したツィード系などもあります。エフェクター選びの参考になりますので、選ぶ時は加藤に相談してください。

書いてる人はこんな人

f:id:shima_c_colton:20180129184935j:plain
名前:加藤 慎也(カトウ シンヤ)
担当:ギター、アンプ、コンパクトエフェクターマルチエフェクターウクレレ
~プロフィール~
中学1年の夏にアコギを手にし、GLAYを中心に弾き語りを趣味で始める。高校1年の時、エレキギターに転向、GLAYコピーバンドに誘われる。高校在学中にメタルに目覚め、テクニカルなギタリストに憧れ、Xのコピーバンドを結成する。卒業と同時期にオリジナルメタルバンドに誘われ、一度の解散を経てリードギタリストとなる。解散後、PAとレコーディング現場のアシスタントを経験し、現在島村楽器で奮闘中。

もっとみる

© Shimamura Music All rights reserved.